妊娠線が出来るのはおなかだけ?

「妊娠線」と聞くと、妊婦の方に出来るものというイメージが出来つい女性だけのものと思われがちです。しかし、実際は「妊娠線」と言う言葉は、あくまでも妊娠している女性が起こりやすいものとして付けられているものであり女性にしか起こらないものではありません。と言うのも、妊娠線とは急激な体重増加に肌が対応する事が出来ず皮膚の真下にある真皮が破れてしまう事を指します。これは、いわゆる「肉割れ」と同じ症状です。肉割れも、妊娠線同様に急激な体重増加で肌が避ける状態を指します。その為、この症状は誰しも起こりうることなのです。

妊娠線が出来るのは、何もお腹だけに限られた事ではありません。それいがいにも、腕や足・胸やお尻などありとあらゆる所に妊娠線は出来ます。その為、お腹しかケアを行っていないと後々後悔する事になるかもしれません。その為、ケアをするのであれば体全体をケアしていきましょう。

妊娠はとても素晴らしい事です。しかし、それと同時に未知の世界に足を踏み入れる女性は不安も大きく感じる事でしょう。その為、後から後悔する事の無いように事前にしっかりと知識を得る事が重要となります。体は勿論、心のケアを忘れず楽しい妊婦生活をお楽しみください。