妊娠線を作らないコツ

妊娠線は、それだけ頑張って出産した結果とも言える勲章です。しかし、当の本人は決して嬉しいものではありません。多くの妊娠線が出来てしまった方は水着を着るのも躊躇してしまう事でしょう。その為、妊娠線予防は、妊婦さんにとって大変重要なケアと言えます。

そもそも、妊娠線が出来る大きな原因は急激な体重増加と乾燥です。妊娠による体重増加は8キロから10キロが理想だと言われております。大事な赤ちゃんを育てるお腹ですから、全く栄養素を取らない訳にはいきません。しかし、何事も限度があります。あまりにも多くの栄養素を取ってしまうと、急激な体重増加に繋がり妊娠線が出やすくなってしまいます。

また、妊娠中は肌への栄養が行きにくくなります。ホルモンバランスも乱れ、おなかに栄養が行きやすくなっている事から肌は常に乾燥状態です。この乾燥が、急激な体重増加と合わさり妊娠線が出来てしまうのです。

乾燥を防ぐクリームも販売されていますが、妊娠線を防ぐためには、体の中から保湿する事も重要です。その為、適度な栄養を肌に与え体の外と中からケアする事が重要となります。肌に栄養を送る為には、程度な筋力も必要なので、運動も欠かすことはできません。赤ちゃんを大事にする生活も大切ですが、産後後悔しない為にも様々なケアをする事は大変重要と言えるでしょう。