妊娠線ができる理由

妊娠は、とても喜ばしい事です。しかし、女性にとっては体の変化やホルモンバランスの変化によって心が乱れやすくなり不安を感じる事も多い時期ともいえるでしょう。赤ちゃんを健康に出産する事は、全ての妊婦さんの願いです。しかし、それに合わせて産後元の姿に戻りたいというのも、女性なら誰しも理解できる願いなのではないでしょうか。

妊娠中多くの方が気にする体の変化に「妊娠線」があります。妊娠線は皮膚の下にある真皮と言う部分が避けてしまう症状の事を指します。皮膚が裂けると言うととても痛そうですが、実際には表面が避けるわけではないので痛みはありません。しかし、見た目にビリビリと裂け目が入ってしまい、その裂け目は産後も消える事はありません。その為、出来る事ならば妊娠線を作りたくないというのが女性としての願いです。

妊娠線が出来てしまう大きな原因の一つは、急激な体重増加です。肌やゆっくりと広がる分には対応する事が出来ます。しかし、急激に体重が増加するとその速度に対応する事が出来ず裂けてしまうのです。また、肌の乾燥も妊娠線には良くないと言われています。その為、クリームなどを利用した適度な保湿は勿論食事から肌に栄養を与える事も大変重要だと言われています。

妊娠中はどうしても栄養が子供に行ってしまいます。その為、他の部分にまで栄養が行き届かず妊娠線などの症状に繋がってしまう可能性があります。急激な体重増加も妊娠線の原因となる為、食事から栄養を取る事が難しいかもしれませんが、効率的に必要な栄養を取る事が妊娠線予防に大変重要となります。