妊娠線が出来てしまったら

10月10日の妊婦生活。長いようで短く、あっという間感じる方も居れば長い長い期間を悪阻と戦い続けやっと終わったと安堵する方も居る事でしょう。そんな妊婦生活が終われば、次は母としての生活が始まります。忙しく目が回るような日々を過ごしていく中、体がもとに戻り始めるとある変化に気が付く事があります。体に出来た無数の線。そう、「妊娠線」です。

妊娠線とは、急激な体重増加に肌が耐えられない事で起こる症状です。皮膚は、緩やかな負荷には対応する事が出来ますが、急に負荷がかかると何層かある皮膚の組織のうちの一つである真皮が裂けてしまうのです。裂けると言っても実際に表面が裂けるわけではないので、痛みなどはありません。しかし、裂けた部分はみみずばれのようになってしまい決して綺麗なものではありません。

一度、妊娠線が出来てしまうと、その後を消すのは大変です。レーザー治療や皮膚の切除・クリームなどを使ったケアがあるとされていますが、それらは時間やコストがかかり決して手軽なものではありません。出来た跡も完全に消えるわけでは無いので、もとの肌に戻す事は出来ません。

その為、妊娠線は作らない事が重要なのです。痛みを感じないことから
、気づかぬうちに妊娠線が出来てしまっている可能性もあります。日々のケアを怠らず、産後後悔しないように過ごす事をお勧め致します。

妊娠線が出来るのはおなかだけ?

「妊娠線」と聞くと、妊婦の方に出来るものというイメージが出来つい女性だけのものと思われがちです。しかし、実際は「妊娠線」と言う言葉は、あくまでも妊娠している女性が起こりやすいものとして付けられているものであり女性にしか起こらないものではありません。と言うのも、妊娠線とは急激な体重増加に肌が対応する事が出来ず皮膚の真下にある真皮が破れてしまう事を指します。これは、いわゆる「肉割れ」と同じ症状です。肉割れも、妊娠線同様に急激な体重増加で肌が避ける状態を指します。その為、この症状は誰しも起こりうることなのです。

妊娠線が出来るのは、何もお腹だけに限られた事ではありません。それいがいにも、腕や足・胸やお尻などありとあらゆる所に妊娠線は出来ます。その為、お腹しかケアを行っていないと後々後悔する事になるかもしれません。その為、ケアをするのであれば体全体をケアしていきましょう。

妊娠はとても素晴らしい事です。しかし、それと同時に未知の世界に足を踏み入れる女性は不安も大きく感じる事でしょう。その為、後から後悔する事の無いように事前にしっかりと知識を得る事が重要となります。体は勿論、心のケアを忘れず楽しい妊婦生活をお楽しみください。

妊娠線を作らないコツ

妊娠線は、それだけ頑張って出産した結果とも言える勲章です。しかし、当の本人は決して嬉しいものではありません。多くの妊娠線が出来てしまった方は水着を着るのも躊躇してしまう事でしょう。その為、妊娠線予防は、妊婦さんにとって大変重要なケアと言えます。

そもそも、妊娠線が出来る大きな原因は急激な体重増加と乾燥です。妊娠による体重増加は8キロから10キロが理想だと言われております。大事な赤ちゃんを育てるお腹ですから、全く栄養素を取らない訳にはいきません。しかし、何事も限度があります。あまりにも多くの栄養素を取ってしまうと、急激な体重増加に繋がり妊娠線が出やすくなってしまいます。

また、妊娠中は肌への栄養が行きにくくなります。ホルモンバランスも乱れ、おなかに栄養が行きやすくなっている事から肌は常に乾燥状態です。この乾燥が、急激な体重増加と合わさり妊娠線が出来てしまうのです。

乾燥を防ぐクリームも販売されていますが、妊娠線を防ぐためには、体の中から保湿する事も重要です。その為、適度な栄養を肌に与え体の外と中からケアする事が重要となります。肌に栄養を送る為には、程度な筋力も必要なので、運動も欠かすことはできません。赤ちゃんを大事にする生活も大切ですが、産後後悔しない為にも様々なケアをする事は大変重要と言えるでしょう。

妊娠線ができる理由

妊娠は、とても喜ばしい事です。しかし、女性にとっては体の変化やホルモンバランスの変化によって心が乱れやすくなり不安を感じる事も多い時期ともいえるでしょう。赤ちゃんを健康に出産する事は、全ての妊婦さんの願いです。しかし、それに合わせて産後元の姿に戻りたいというのも、女性なら誰しも理解できる願いなのではないでしょうか。

妊娠中多くの方が気にする体の変化に「妊娠線」があります。妊娠線は皮膚の下にある真皮と言う部分が避けてしまう症状の事を指します。皮膚が裂けると言うととても痛そうですが、実際には表面が避けるわけではないので痛みはありません。しかし、見た目にビリビリと裂け目が入ってしまい、その裂け目は産後も消える事はありません。その為、出来る事ならば妊娠線を作りたくないというのが女性としての願いです。

妊娠線が出来てしまう大きな原因の一つは、急激な体重増加です。肌やゆっくりと広がる分には対応する事が出来ます。しかし、急激に体重が増加するとその速度に対応する事が出来ず裂けてしまうのです。また、肌の乾燥も妊娠線には良くないと言われています。その為、クリームなどを利用した適度な保湿は勿論食事から肌に栄養を与える事も大変重要だと言われています。

妊娠中はどうしても栄養が子供に行ってしまいます。その為、他の部分にまで栄養が行き届かず妊娠線などの症状に繋がってしまう可能性があります。急激な体重増加も妊娠線の原因となる為、食事から栄養を取る事が難しいかもしれませんが、効率的に必要な栄養を取る事が妊娠線予防に大変重要となります。